店販甲子園

質疑応答 第一弾(匿名希望 Aさん アシスタント 女性)

【Q】私は普段から接客の時まで言葉にイントネーションが無いと言われました。反応が薄いとか・・・自分では「本当に凄い!」って思って口に出しても・・・相手には「ホンマに思ってるん?」と言われてしまう事が多いです。今後、接客していく中でこれは直さないといけない大事な事だと思ったので相談しました。アドバイスよろしくお願いします。

佐藤からアドバイス

あまり損得の話をするのは好きではありませんが、この相談を放置しておくと、今後もあらゆるシチュエーションで損をし続けると思います。
だって、「本当は凄いって」思っているのに、相手から見たら絶対に「そうは見えない」と誤解を受けるわけですよね。

相手からすれば、対話をした結果、「Aさんは私や私の話しに関心が無い」と思えてしまうわけですから、Aさんへの好感が増すことはまず難しいでしょう。従って店販を買ってくれたり、指名を受けることも不必要に難しくなることは至って自然です。

時に、相手はそれが「真実」かどうかよりも・・・「そのように感じてしまった」ということが感情を決めるベースになってしまうものです。従って「私の話に関心が無い」と思われてしまったと言う事は、好感を抱く感情のベースが低くなってしまったという事です。

相手にそのように感じさせてしまったのは、基本的にこちら側の問題となる場合が多いです。(もちろん違う場合もありますが、複数の人に言われる場合はまず自分側の問題です)

極端な例をあげるならば、「パンチパーマに色つきサングラス、おまけに腕から刺青」が見えている男性が、「俺の周りには何故か人が集まってこない・・・」と、悩んでいたとしたらどうでしょうか?「その筋」の方でもなく、ただ単にそういうファッションが好きなだけだったとしても・・・相手にその真実を見極めて欲しいと期待するのは不可能です。

相手には好きなように感じてよいという自由があるので、真実がどうであれ、誤解を受けたり、好感を得てもらえなかった場合、こちら側が一方的に努力を始めるしかありません。

では、努力の仕方をアドバイスします。
実はとっても簡単な事なんです。

舞台女優のように、何事も「わざとらしく」振舞うのです。
アクションを大きくする事で簡単にそのようになります。
自分では「しらじらしい」、「わざとらしい」と思うかもしれませんが、
相手から見たら、恐らくはそのくらいでちょうど良いと私は睨んでいます。

普段から誤解を受けていない方が「わざとらしく」振舞うのは気持が悪いですが、アクションが小さ過ぎて誤解を受けている方々には、むしろ誰にでも分かるように大きく表現して欲しいという訳です。

大体こういうアドバイスが必要な方々は、今までも周りに「わざとらしい」振るまいをしている人がいて、「わざとらしくて嫌だなぁ」と思ったこともあるのではないでしょうか?

実は僕もそのタイプです。
「俺はあんなふうに媚を売ったりはしない!」などと無駄に強がっていました。
更には、あいつ「うまいよなぁ〜」などと陰口じみた事も言っていました。

ですが「プレゼント」をあげたり、「お年玉」をあげたり、「お祝い」をした時、
わざとらしかろうが何だろうが、「喜びを全力で表現される」と、
「やって良かった・・・」次もまたなんかしてあげたいと素直に思うものです。

そうなんです!「相手が期待しているアクションで応えてあげること」。

実はこれも相手に対する優しさの一部であり、最高の接客の一つなのです。
お客様は自分の話をまるで「芸人さんの話し」を聞いてるかのように、楽しんで聞いてくれる美容師に好感を抱かないわけはありません。

人間関係は、「好き」→「信頼」→「尊敬」へと発展していきます。

「尊敬」する美容師の提案は無条件に受け入れます。また、信頼する美容師の提案は容易に受け入れてくれます。そして、好きな美容師の提案は受け入れようと努力をしてくれます。
ですから是非とも表現の仕方を努力してみてください。

初めは自分的に受け入れ難い違和感を感じますが段々に慣れて馴染んできます。
そして、気がつけば二度とこういう誤解を受けなくなるAさんが誕生するでしょう。

最後に、この問題がとっても深くて大事なテーマの一つだと気がつくAさんの感性は優れていると思います。

「そう思ってないのに・・・そう思われるという誤解」すら、
相手の問題ではなく、自分の問題であると捉えると努力が始められます。

通信セミナー一覧へ戻る

【事務局からのおしらせ】

店販甲子園参加者特典!!
<JCCアカデミー通信相談コーナー>開設のお知らせ!

「直接質問をする機会が無かった」、「一度聞いて見たいけれどちょっと恥ずかしい」、「お客様からこんな事を言われたのだけど自分では消化しきれない」、「自分の思いをうまく言葉で表現できない」等、皆様が日々の店販で直面する様々なシーンに対して、「売り手心理」・「お客様心理」を背景に佐藤が一生懸命アドバイスさせていただきます。(内容は全てWEBに公開します)

※質問とアドバイスを両方WEBに掲載させることで、参加者全員が共有できる環境にしていきたいと思いますのでこの点、意図をご理解下さいませ。

あなたの質問が、実は皆様共通の悩みだったりする事も多いです。
何の気兼ねも要りませんので、悩みや質問がある場合は、当ホームページからドンドンメールしてください。もちろん素敵な情報、嬉しい報告も同時に大募集します。

「スタイリストORアシスタント」「役職」「性別」はアドバイス上不可欠な要素ですので必ず明記下さい。「サロン名」・「個人名」はそれぞれ掲載可・不可の指定をお願いします。(付加の場合は「匿名希望」と必ず記入ください)

【おねがい】

誤字・脱字、誤りなどがありましたらお手数ですが事務局までご一報下さい。速やかに修正いたします。

お問い合わせはこちら

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

美容室「幹部」の教科書(同文館出版)

美容界特化型研修のブルーウォール

美容液のお風呂

DAFNI

店販ベストDVD第一弾

気がつけば、みんな味方!

セミナーレポート

ビューティー
フェスタの活用術

「店販甲子園上位入賞者インタビュー動画」

Facebook個人ページ