店販甲子園

「店販甲子園」通信セミナー VOL3

熱闘!店販甲子園

(1)「もっときれいにしたい」という美容師魂のレベルアップ

美容師の仕事に最重要な「もっときれいにしたい!」
という情熱が、お客様と相対している「今」だけでなく、サロンに来ていない時にでもそうあっていて欲しい!
と・・・もし、本気でそう思えたとしたら、何がしてあげられるか?本気で考えてみる。

2ヶ月に一回しか来店してもらえないという事は、
60日に1回しか、直接的にきれいにして上げられないという事実を指します。

ラーメン屋であれば、「出前」をしてあげることも出来ますが、
「きれい!」は出前が出来ない。
残る59日間はまったくの手放し状態になります。
しかし、もしも私たちの分身をお客様に同行させてあげることが可能なら・・・
まるで、ボディガードのように、自宅でもお客様の「きれい」を助けてあげることが可能なら・・・
60日間お客様の「もっときれいに」に参加することができます。

私・・・・・・・の替わりにこれを連れて帰ってくれませんか!

例えば、
このトリートメントを持ち帰って毎日使ってもらえたら、私が毎日サポートしているに近い状況が作れます。
そうすれば、きれいになり続けられるんです。
自宅でのきれいにも参加させてくれませんか?

「もっときれいにしたい!」を実現するために、自分の分身をお客様に手渡すこと・・・それを商品販売といいます。

(2)積極的行動力の養成

美容室経営において「しなくても許されてきた」不思議な売り上げ分野です。
アプローチがゼロならば売り上げもゼロ!
というのが美容室での商品販売です。

だからこそ、しなくても許される商品販売を積極的にするということは、もっとも単純で分かりやすい積極性のバロメーターになります。

しかも、お客様はスタイリング剤・ヘアケア・スキンケア・ウィッグなど、どれも化粧品店や雑貨店で自ら選択して使用しています。

不必要なものを必要と思わせる、「需要の創造」は一切必要ありません。
必要なものを、素晴らしいものに「変える」だけで良いのです。
しかも、専門の知識を得た髪のプロが選んで差し上げるという優位性も持っているのです。
ですから、この仕事を通じて積極性を身につけるというのは、大変知恵のある選択となります。

最後に・・・

お客様は「欲しい」・「欲しくない」という感情をコントロール出来る訳ではありません。

いきなり欲しくなったり、使いたくなったりするのです。

面白い話をご紹介しますが、

ビジネスが成功するための条件の一つに、

「丁度良い時」に、「丁度良い場所」にいれば成功する。

という面白い言葉がありますが、これは心理だと思います。

つまり、大切な事は「タイミング」に出会う努力を絶えず「続ける」という事です。

そうすれば丁度良いタイミングを迎えたお客様にヒットする確率は増してくるのです。

店販甲子園VOLゼロも残すところ後10日!

この10日間がタイミングのお客様もたくさんいると思いますよ!

なにせ、猛暑ですから!

通信セミナー一覧へ戻る

【事務局からのおしらせ】

店販甲子園参加者特典!!
<JCCアカデミー通信相談コーナー>開設のお知らせ!

「直接質問をする機会が無かった」、「一度聞いて見たいけれどちょっと恥ずかしい」、「お客様からこんな事を言われたのだけど自分では消化しきれない」、「自分の思いをうまく言葉で表現できない」等、皆様が日々の店販で直面する様々なシーンに対して、「売り手心理」・「お客様心理」を背景に佐藤が一生懸命アドバイスさせていただきます。(内容は全てWEBに公開します)

※質問とアドバイスを両方WEBに掲載させることで、参加者全員が共有できる環境にしていきたいと思いますのでこの点、意図をご理解下さいませ。

あなたの質問が、実は皆様共通の悩みだったりする事も多いです。
何の気兼ねも要りませんので、悩みや質問がある場合は、当ホームページからドンドンメールしてください。もちろん素敵な情報、嬉しい報告も同時に大募集します。

「スタイリストORアシスタント」「役職」「性別」はアドバイス上不可欠な要素ですので必ず明記下さい。「サロン名」・「個人名」はそれぞれ掲載可・不可の指定をお願いします。(付加の場合は「匿名希望」と必ず記入ください)

【おねがい】

誤字・脱字、誤りなどがありましたらお手数ですが事務局までご一報下さい。速やかに修正いたします。

お問い合わせはこちら

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

美容室「幹部」の教科書(同文館出版)

美容界特化型研修のブルーウォール

美容液のお風呂

DAFNI

店販ベストDVD第一弾

気がつけば、みんな味方!

セミナーレポート

ビューティー
フェスタの活用術

「店販甲子園上位入賞者インタビュー動画」

Facebook個人ページ