セミナーレポート

4月24日 奈良 オーダーメイドセミナー 参加者32名

新人さんが入社してきたので、新人研修を兼ねて考え方の勉強会をさせていただきました。
考え方の勉強というのは、「思考の習慣を変える!」 もしくは「思考の習慣を作る」というプロセスなので一度や二度ではそんなに劇的な変化は無いのですが、今後発生する様々な出来事に対する前準備があるのと、まったくないのでは、それに直面したときの成長レベルに著しい違いを生んでしまう場合が多いので、予防線の意味も込めて話させていただいております。

内容は以下のとおり

  1. 「知らないことは出来ない、だから知る努力だけは必死にしよう」
  2. あなたが憧れれている人、その人はほとんどの場合は仕事をしている。アイドルも女優も「仕事」をしているのです。仕事で人よりも良くなれた人に、憧れを抱く場合が多い。
  3. してもらうから→してあげる側への変化こそ大人の仲間入り。
  4. 学ぶこと→出来るためには学ばねばならない。学んでも出来なければその仕事に価値はない
  5. やらなければならないことがあるって知ってます?
  6. 好きの中の嫌いとどう付き合う?
  7. 「不愉快」な人は何をしてもだめ。人に愛される最低限の条件は気分の良い人。
  8. 前向きになれないときの、自分で出来る強制復活法!
  9. 失敗とは、「もうやらない」と決めた瞬間に確定するが、再チャレンジしている場合は「失敗」ではなく「成功していない」だけである。
  10. 始めたことは3年は続けないと「目が見えない」
  11. 人より良くなりたければ、人より多くの行動をすること。
  12. やる奴になる宣言!日常の絶対条件が甘い人は、その都度状況に振り回される。
  13. 「なれたらいいな!」は、なれない人の発する言葉。
  14. 物真似のうまい人の成長は著しい せっかくならどの道でも一番を真似る。

起きている現象は、それを「どのように受け止めるか?」によって良くも悪くも変化します。
「悲観主義」だった私が、「楽観も悲観もせず」現実をありのまま見つめ、その後が良くなるような解釈と対策を考えてみる!という冷静な思考の時間を持てるようになれたのは、豊かな精神性で仕事に望めるような自分作りを探求してからでした。今後も、若く有望な皆様に気持ちよく活躍していただくための表現を探し、お伝えしていきたいと思います。

セミナーレポート一覧へ戻る

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

美容室「幹部」の教科書(同文館出版)

美容界特化型研修のブルーウォール

美容液のお風呂

DAFNI

店販ベストDVD第一弾

気がつけば、みんな味方!

セミナーレポート

ビューティー
フェスタの活用術

「店販甲子園上位入賞者インタビュー動画」

Facebook個人ページ