セミナーレポート

4月25日 大阪 オーダーメイド講習 参加者9名

組織作りのための思考変革セミナーの実施です。私たちは、日々いろんな「出来事」に遭遇しながら生活しています。そしてその「出来事」をどのように受け止め、どのようなストーリーに展開していくかの選択によって、良くなったり駄目になったりします。

失恋という出来事を、裏切りや人間不信、恨みや憎しみと発展させ、「もう二度と彼氏なんて作らない!!」と決意することも出来れば、「もっと素敵なパートナー」と出会うための準備と捉え、自分磨きに明るくチャレンジし、もっと素敵な女性になるきっかけに変えることも可能です。

このように、起きた出来事をどのように捉え、どのようなストーリーへと展開させていくか! というのはすべて「自分で選択」することが出来ます。

職場では、生い立ちも、年齢も、環境も、価値観も、性格も、立場も違う他人同士が集まってひとつの組織を構成しているわけですから、全部が全部分かり合えて理解しあえて何の問題もないなどということはありえないでしょう。

だからこそ、組織間で起きたさまざまな事件やドラマを、好ましいストーリー展開に発展させて行く「知恵」が必要です。今回は、バラバラ組織をひとつにまとめていく知恵についてたくさんの考え方や受け止め方を提供させていただきました。

特に・・・「反対意見や批判」について、徹底的に話しました。
反対意見や批判はそれを発信する相手がどのように考えているかの意見表明に過ぎず、あなた自身の価値には何の関係もない。それなのに、批判された人は自分の存在や人格や価値そのものに対して傷をつけられているかのような錯覚をし批判者を排除しようとします。

これは、相手と自分との境界線がしっかりと引かれておらず、相手の影響力で自分の思考がころころ変わる「自己の確立」がまったく出来ていないレベルと言えます。こうなると、互いに本質的なコミュニケーションはとりにくくなり、表面的な会話しか出来ない薄っぺらい組織が出来上がりやすくなります。

とても受け入れずらいような話であっても相手がどのように考えているかをまずは聞いてみる・・・これは器が大きい、人間が強いと表現できます。どのような辛い意見であっても、それを受け止めて自分との会話(心の中で自分に問いかける)の材料として使わせてもらい、自分の考え方をより明確にする。

そして、相手の意見を聞く前よりも聞いた後のほうが、自分の信念が強くなる。すべきことがより明確になる。そういう人間力を身につけたいものです。

セミナーレポート一覧へ戻る

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

美容室「幹部」の教科書(同文館出版)

美容界特化型研修のブルーウォール

美容液のお風呂

DAFNI

店販ベストDVD第一弾

気がつけば、みんな味方!

セミナーレポート

ビューティー
フェスタの活用術

「店販甲子園上位入賞者インタビュー動画」

Facebook個人ページ