セミナーレポート

4月29日 神戸 オーダーメイドセミナー 参加者18名

今回のテーマは

  1. 良くなる人の思考回路
  2. 紹介の増やし方(具体論の公開は差し控えます)

良くなる人の思考回路については以下のように解説できます。「生きている」以上は、いろんな「出来事」に遭遇します。この出来事を

  1. どの様に受け止め
  2. どのようなストーリーへ展開させて
  3. どのような結果に導くのか

この3つの思考が好ましく回転する人はなんだかんだ言っても必ず良くなります。
これは、もっと簡単に言い切ってしまうと・・・
どんな出来事も「起きてしまった以上は」→「だから良かった」という結果に強制的に持っていく思考回路になっている人を指します。月並みな言葉で表現すれば「プラス思考」「ついてる思考」です。

駄目思考
失恋を

  1. 裏切り・憎しみ・恨みと受け止め
  2. 絶対に復讐してやるというストーリーに展開させ
  3. ますます嫌われる・ストーカーになる・犯罪者になる・うつ病になる

※恨みや憎しみは、自分が「心から許す日が来るまで」対象となる相手に支配されているに等しいという現実を知っておきましょう。

良くなる思考
失恋を

  1. 新たな出会いのために分かれておく必要がある、もっと素敵な人との恋愛ステージに行くための儀式と受け止め
    ※どんなに苦しくて・頭にきて・悲しくても、泣きながらでも歯を食いしばって上記のように思う努力をする。
  2. 素敵な出会いを心待ちにして、「きれいになる、新しいチャレンジをする、心の傷みを乗り越えて人に優しい人間になる、やせる、仕事をがんばる」というストーリーに展開させ
  3. もっと素敵な出会いに遭遇し、素敵な恋愛が始まる

同じ出来事でも、このように大きく変わるのです。
こんなひどい目にあったらそんな風には思えない・・・
という反論もあろうかと思いますが、「現実」はすでに過去であり、これからは未来です。

そして「未来」は好きなように、なりたいように作り変えることが出来ます。
そのためには、歯を食いしばって「良くなる思考」を選択することです。

本当に素敵な組織になっていく過程には、時に多くの悲しみや整理できない複雑な気持ちが心を埋め尽くすことがあります。それも大切なことですが、最後には「だから良かったんだって」必ず決着をつけることを忘れないで欲しいと祈るような気持ちでいっぱいです。

セミナーレポート一覧へ戻る

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

美容室「幹部」の教科書(同文館出版)

美容界特化型研修のブルーウォール

美容液のお風呂

DAFNI

店販ベストDVD第一弾

気がつけば、みんな味方!

セミナーレポート

ビューティー
フェスタの活用術

「店販甲子園上位入賞者インタビュー動画」

Facebook個人ページ