セミナーレポート

9月30日 岡山 オーダーメイドセミナー 参加者9名

組織構築の最終段階に入りました。
今年1年、こちらのサロンに関わらせていただいた最終的な目標は管理社員の育成と組織化です。

「変革者は外から来る!」

組織をスクラップし、再構築する者は組織の「外」からやってくるという意味です。
今現在、日本航空(JAL)は、政府より「タスクフォース」を組まれ経営再建を開始しようと準備中です。
タスクフォースとはざっくりとした表現で言えば、「再建プロジェクトチーム」です。
私自身、タスクフォースの最高責任者として、会社を甦らせた過去を持ちます。

事業再建とまでは行かなくても、
予定調和でなんとなく「リスクを取れない」状態に陥っている組織には、外部の刺激策が一定の効果を示します。

ただし、変革を余儀なくされるスタッフ側から「敵対勢力」とみなされ、徹底抗戦になる場合もあります。
「変わらない」ことで、利益を得る者がいる証です。
金銭的なものばかりではなく、リーダーの「王様」状態の維持や、「自由で楽」という勤務状態の維持などを利益と捉えている場合もあります。
こういう方々と対峙し、居心地の悪い思いを多数経験して参りました。

しかし、
こちらの組織は、驚くほど「良質」な人物の集まりでした。
むしろ、何かをやりたがっていた雰囲気さえ見て取れました。
従って、私の仕事はプログラムと組織の基礎を形作るだけでよいのです。
このように、決定的問題が在る訳でも無いのに、なんとなく停滞しがちな組織というのは多数存在します。

これは、「マンネリ」という病気です。
「マンネリ」は、小さな「目指す」を繰り返すことで徐々に突破していくことが可能です。
やがて、小さな「目指す」は、大きな目指すへつながり、
大きな目標には「リーダー」が不可欠となり、組織がぼんやりと機能してきます。

しかし、歴史ある会社が陥る、「マンネリ病」は、実は「経営者が感染者第一号」である場合が多いのでチェックしてみる必要があります。

セミナーレポート一覧へ戻る

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

美容室「幹部」の教科書(同文館出版)

美容界特化型研修のブルーウォール

美容液のお風呂

DAFNI

店販ベストDVD第一弾

気がつけば、みんな味方!

セミナーレポート

ビューティー
フェスタの活用術

「店販甲子園上位入賞者インタビュー動画」

Facebook個人ページ