セミナーレポート

10月28日 神戸 オーダーメイドセミナー 参加者17名

美容室の売上構造の解説をしつつ具体的な営業政策について受講していただきました。
ここでは具体的政策はさておき、美容業界が持つ特性についてレポートしてみたいと思います。

美容師は、「数字」の話が大嫌い!
だから数字的な話になると眠くなる方が多いです。
逆に、他の業界は精神論はもういい!具体論を教えろ!・・・となる傾向があります。
私はどちらが良いとも悪いとも思いませんが・・・
ただ、「眠くなる」という事実に対して切り込んで見たいと思います。

何故、眠くなるのか?
答えは簡単です!
「興味が無い」「必要ない」からです。
興味も無く、必要も無い話を爛々と目を輝かせて聞ける人は珍しいでしょう!
では、何故興味が無いのでしょうか?

「苦手」だからです。

ここで話がおかしくなってきました。
「苦手」なことを克服することで私たちは力がつき、豊かになっていくと思いませんか?
苦手なことは苦しいはずです。

でも・・・苦手だって「やらねばならない」ことは「やらなければならない」
どうせ「やらなければならない」のなら・・・「苦手を克服する」ためにどうするか?考えるのが自然です。
そうやって努力を続けた結果、ついに苦手じゃなくなったとき・・・苦しいものが一つ人生から消えるのです。年を重ねるということはそういうことだと私は理解してます。

今後、「眠くて仕方の無い話し」に出会ったとき、
これこそが自分が求めていた内容だ!と、受け止め、必死で努力してみてください。
自分の行為行動の裏側に・・・本質が眠っていることは多いものです。

そういう私も・・・電化製品の説明書が決して読めない人間です。
おかげでいつまでも使い方が分かりません。
せっかく買った家電の・・・能力の10分の1も使いきれていないと思います。

いつも悔しい気持ちでいっぱいなのですが、これを機会に取り組んでみることを約束します。

セミナーレポート一覧へ戻る

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

美容室「幹部」の教科書(同文館出版)

美容界特化型研修のブルーウォール

美容液のお風呂

DAFNI

店販ベストDVD第一弾

気がつけば、みんな味方!

セミナーレポート

ビューティー
フェスタの活用術

「店販甲子園上位入賞者インタビュー動画」

Facebook個人ページ