セミナーレポート

11月10日 広島 オーダーメイドセミナー 参加者5名

今日はビデオを活用し、「プロ魂」をテーマに講習をさせていただきました。

「プロ」とはどのレベルで何に向き合うことを指すのか?
深いレベルで感じていただきたいと考えました。

ビデオの中で・・・「親の死に目にも会えないのがプロなのですか?」という弟子たちの問いに・・・
「そうよ!」とたった一言で答える師のシーンがあります。
このフレーズは誰しもがどこかで耳にしたことのある言葉ではないでしょうか?

でも・・・私は「親の死に目に会えるか、会えないのか」はあまり関係がないと解釈しています。
それよりも、プロたる存在が・・・

「仕事よりも優先していいことが事前に決まっている」という前提そのものが問題なのだと・・・

こういう場合はしょうがない・・・こんな出来事ならば許されるだろう・・・
そういう前提を設けていること事態が「プロ」ではないと思います。

分かりやすい言葉で重説すれば、「覚悟」が無い・・・「断固たる覚悟」が無い
いかなることにも優先して「やり遂げる」覚悟こそプロたる由縁だと言いたいのです。
出来ない理由を見つける天才が多いなぁと感じることがあります。
出来ない理由なんていくらでも作り出すことが出来ます。

出来ない理由を雄弁に語ってくれる美容師に対し「あなたはプロなんですか?」
と聞いてみたときなんと答えてくれるのでしょうか?怖くて聞けませんが・・・

「あなたはプロなんですか?」という問いに対し、
胸を張って「そうです!」と答えられるあなた・・・
おそらくは相当の覚悟を持って仕事に望んでいる人なのでしょう。

仕事を絶対になめず、自分の弱さと戦い続ける、そんな・・・素敵な人に違いありません。

日々の研鑽を怠らない、最高のレベルを上げつつ、最低のレベルを極限まで上げ続ける!
決して満足しない向上心と、うまくいかないときに駄目だと心から認める潔さ、そして駄目じゃなくなるための惜しみない努力。

そういう「プロ魂」を持った仕事人と出逢う度、心から感動してしまいます!
そして・・・自分にも言い聞かせます。

「現時点での最高を・・・最低にせよ!」と!

セミナーレポート一覧へ戻る

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

美容室「幹部」の教科書(同文館出版)

美容界特化型研修のブルーウォール

美容液のお風呂

DAFNI

店販ベストDVD第一弾

気がつけば、みんな味方!

セミナーレポート

ビューティー
フェスタの活用術

「店販甲子園上位入賞者インタビュー動画」

Facebook個人ページ