セミナーレポート

4月2日 奈良 オーダーメイドセミナー 参加者26名

組織構築に本気で着手するサロン様で全体参加型の意識改革講習をさせていただきました。

私はスタッフを決して「ガキ扱い」はしません。
皆さんれっきとした大人であり、社会人であり、立派なプロの美容師です。

だからこそ僕は「いまだに引きずってしまっている幼児性」や「甘え」の体質をそぎ落としたいのです。あるときは立派な大人であり社会人でありプロの美容師なのですが、自らの感情や都合に合わせて、「子供」になったり、「無能」の振りをしたりするのが現状です。

私は「人間の善意を100%信じきる」と決めています。これは、誰だって「人様の役に立ちたい!」・「自分はもっと活躍したい!」・「自分の可能性を信じたい」・「お世話になった全ての方々に恩返したい」という感情が絶対に芽生えているはずだと信じたいのです。

本当はそんな素晴らしい思いを宿しているのに・・・実際の行動は「甘え」や「逃げ」や「悪い癖」によって邪魔をされてしまっているように思います。

無意識に行う悪い癖・・・→これは、「習慣」です。良い習慣を持つものはたいてい成功します。逆に悪い習慣を変えることが出来ない者は、本来の人格や才能などとは無関係に破滅型の人生を歩んでしまいます。

だからスタッフには良い習慣を身につけていただきたいと本気で願うのです。

こういうことも、誰かに教えてもらわなければ無知なまま生きていってしまいます。だから「無知」というのは恐ろしいのです。

私は幸いにも多くの書籍・多くの先輩・反面教師からそういうことを教わりました。また、教わった事は全て実践し、本当かどうか確かめていきました。自分の人生は全てがサンプル調査みたいな感じなので不思議です。

「無知」との決別は「学ぶ」ことです。それはテレビからでも、本からでも、人からでも出来る事です。だけど、「学ぶ」という習慣と「学んだ事は実践する」という習慣が身についていないと、「いろんなことを知っている、決してやらない奴」という捻じ曲がった人格が形成されます。

だから私はいろんなことを皆様にお伝えしながらも、「必ず実践して欲しい」と祈るような気持ちで仕事をしています。

これからもずっと「学ぶ習慣」と「学びを行動に移す習慣」を何万回でも言葉に発していきたいと思います。

セミナーレポート一覧へ戻る

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

美容室「幹部」の教科書(同文館出版)

美容界特化型研修のブルーウォール

美容液のお風呂

DAFNI

店販ベストDVD第一弾

気がつけば、みんな味方!

セミナーレポート

ビューティー
フェスタの活用術

「店販甲子園上位入賞者インタビュー動画」

Facebook個人ページ