セミナーレポート

6月1日 大阪 店販売上倍増プログラム 参加者15名

サロン訪問型店販力向上セミナーの3回目に入らせていただきました。
今回はセミナー後の質疑応答もたっぷりとお時間を取らせていただきます。

18年間、店販に関するありとあらゆるケースに対応してきた恩恵か、
「お客様がどのように断ってくるか?」「その際はどのように会話を継続させれば良いか?」

「お客様のお断り文句の真意は何か?」「会話の裏側にはどのような感情が隠されているか?」

美容師さんにアドバイスできるようになりました。

その後も私のアドバイスの結果がどうだったか教えていただき、そこから会話の奥行きまで追いかけていきます。

こうする事で私は常に最新情報へのアップロードが出来るのです。

時代が変わり、流行が変わり、年齢が変わっても、常に現時点でのアドバイスが出来るのは最新の販売現場とつながっているためです。

昔の経験をたくさん話されても・・・陳腐化は免れません。

私は今頑張っている人に、今結果が出るアドバイスを送ることこそがJCCアカデミーの価値だと考えてますので、今後も情報の最適化は絶対に怠らないようにしていきます。

さて、店販が売れるようになる勉強とは、店販のみに非ずということも合わせてお伝えしておきたいと思います。

そこで得た力は「店販力」では無く、「営業力」なのです。

「営業力」を正しく使用すると、

  1. デザインカウンセリング力が増しメニュー販売比率が高くなります。
  2. 客単価をあげることが出来ます。
  3. 周期短縮の指導が出来るようになります。
  4. クレーム対応に長け、固定客化のチャンスとできるようになります。
  5. 紹介客が獲得できるようになります。
  6. 魅力が増します。

などなど、美容師一人一人の存在感は輝いていきます。

結果とし・・・、

「見た感じの印象や存在感」が好ましいものであり、「触れ合ってみて魅力的」であれば、
「一定の技術レベル」を持っていることを条件に、その人は多くのファンを獲得できるようになるでしょう!

セミナーレポート一覧へ戻る

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

美容室「幹部」の教科書(同文館出版)

美容界特化型研修のブルーウォール

美容液のお風呂

DAFNI

店販ベストDVD第一弾

気がつけば、みんな味方!

セミナーレポート

ビューティー
フェスタの活用術

「店販甲子園上位入賞者インタビュー動画」

Facebook個人ページ