セミナーレポート

7月26日 JCCアカデミー関西 神戸 参加者106名

7月26日 JCCアカデミー関西 神戸 参加者106名

早朝から100名を超える参加者が集まってくださり大盛況だったと思います。

今回私が用意させていただいたテーマは、

  1. 美容室経営、15年後の展望
  2. 営業力はこうして磨く
  3. ランチェスターの法則に学ぶ、弱者の戦い方
  4. 「ストレス耐性」が弱い者は何をやっても成功しない
  5. 「断られた時」の感情を上手にコントロールできれば飛躍的成長は確実
  6. 買ってもらえる美容師の特徴20を一挙紹介

以上の内容で90分のセミナーを行いました。

この中から、
「買ってもらえない集団から抜け出す方法」というテーマをご紹介してみたいと思います。

ランチェスターの法則を使って解説するという、非常に珍しい表現方法を用いたので、
突然開眼した方も少なからずいたのではないかと思います。

「買ってもらえない美容師から」、「買ってもらえる美容師」に変わるためには、
「苦手意識」の完全ぶっ壊しが必要です。
とは言え、今まで散々練習&トライしてきた結果、「買ってもらえない美容師」へ辿り着いた訳ですから、その努力の量が多ければ多いほど苦手意識は強烈になっていると想定されます。

しかし私はこういう方々でも「買ってもらえる美容師になる」方法はあると断言します。
簡単に解説させていただくと・・・

「もっとも得意な商品・好きな商品」一アイテムだけを販売し、それ以外の全てを切り捨てると決める事です。

「選択肢を無くし」、一番自分が好きで得意なものだけに一点集中してお勧めをしていくのです。
好きな商品である以上、自らも気に入って使用しているでしょうし、
その結果、使用方法や長所、短所など知り尽くしているのではないでしょうか。

そうなると、その商品1アイテムに関してはプロとして振舞うことが出来ます。

私は以前ヘアケアメーカーに勤務しておりましたが、販売が苦手だった私(成績はビリ)でも社内で一番売れていた商品があります。それは、シャンプーメーカーなのに何故かラインナップされていた「スクワランオイル」という商品です。

主流の商品ではありませんので、トップセールスチームは見向きもしていないマニアックアイテムです。私がこの商品を何故にたくさん販売出来たかと言いますと・・・

あるとき、
「ヘアケアをオススメするのが苦手な美容師」に、
「わが社の商品で一番好きな商品は何?」と聞くと、「オイル」と答えてくれました。

私は驚きました。
こんなマニアック商品を一番好きだと言ってくれる美容師もいるんだと・・・

そして、しばらく悩んだ後、彼に実績を出させる秘策を思いつきました。

やり取りは下記の通りです。

:「ヘアケアはどうせ売れないんだから、もう勧めなくていいですよ!」
:「その代わり、「オイル」のプロになりません?」・・・と提案しました。
:すると、彼は「オイル」ならば提案するのが苦痛じゃないと言ってくれました。
そして、
:「どうせやるのならば「オイル」の販売にかけては日本一になってみない!!」
:「目指すのは勝手だし、遊び感覚で良いからやってみましょうよ!!」
と誘ってみると、
:「自信はないけれど、やってみます」と言ってくれました。

その後、彼は冬のキャンペーンで「オイル」を20本超販売してくれました。
価格も¥4800なので安くはありません。

当時1シーズンで「オイル」を20本も売るような美容師はいませんでしたので、
名実共に彼は弊社のオイルに関しては「日本一」の売上をあげたのです。
誰も知らないところで勝手に始まった「目指せ! オイル販売コンテスト」で彼は見事に優勝したのです。

彼はこれをきっかけに、
勧めるアイテムを拡大していきました。
「オイル」の次は「トリートメント」、その次は「ボディソープ」と、次々に新たな商品に着手し、気がつけばシャンプーまで提案できるような美容師に成長しておりました。
年末期には30万程度の売上を普通に上げれるようになっていましたので、誰が見ても、力ある有力な美容師になりました。

私はその後も彼で培ったノウハウを用いて、
自分が大好きな商品1点に全精力をかける、「一点集中突破」を提案し、
高確率で販売恐怖症を乗り越えさせる事に成功しております。

一緒に頑張ってきた美容師の皆様へ、この場を借りてお礼を申し上げたいです。
皆様の努力と結果とノウハウは、これからも私が責任を持って美容界に返してまいります。

セミナーレポート一覧へ戻る

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

美容室「幹部」の教科書(同文館出版)

美容界特化型研修のブルーウォール

美容液のお風呂

DAFNI

店販ベストDVD第一弾

気がつけば、みんな味方!

セミナーレポート

ビューティー
フェスタの活用術

「店販甲子園上位入賞者インタビュー動画」

Facebook個人ページ