セミナーレポート

2月22日 岡山市 オーダーメイド 参加者9名

数字の組み立てを行ってきました。

売上=客数×客単価+商品販売

美容業は、(1)客数を増やす方法 (2)客単価を上げる方法 (3)商品売上を上げる方法
を、同時に着手すると売上が上がるというのが私の持論です。

客単価を単純に上げると客数は減り、客数を増やすために安易に単価を下げると材料費が利益を圧迫するというように、何かを上げるために何か下げるという方法はロングスパンで見ると成功していないのが実情です。

材料費のかからない、「カットオンリーサロン」を、特A級立地に出店する場合は成功する可能性もありますが、業態が違うので参考になりません。

一般的なメニュー展開で戦うためには、
先にあげたように、(1)客数を増やす方法 (2)客単価を上げる方法 (3)商品売上を上げる方法を同時に開始することが大事です。

ただし、ここにはベースの部分が含まれていません。
ベースとは、

  • サロンの清潔感・スタッフの清潔感・ファッション・内外装
  • 技術力・センス・知識
  • 人柄・魅力
  • 営業力
  • サロンへの愛情・スタッフ自信の未来への期待

などに代表される部分です。
これらに、価格設定(金高の高い安いは問わず、値ごろ感)や、マッチング(コンセプトにあっているのかどうか?)などの要因が加味されてお客様に判定されるのです。

これらを全部同時に着手するためには、全部の要素が詰まったストーリーを作り出す必要があります。演劇を構成するように、一つの流れに全ての要素を詰め込んで脚本に落とすのです。言わば、「演ずれば全ての要素を全自動的に着手していることになる」ように作り上げるのです。

簡単ではありませんが何とか花開かせたいと強く決意しています。

セミナーレポート一覧へ戻る

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

美容室「幹部」の教科書(同文館出版)

美容界特化型研修のブルーウォール

美容液のお風呂

DAFNI

店販ベストDVD第一弾

気がつけば、みんな味方!

セミナーレポート

ビューティー
フェスタの活用術

「店販甲子園上位入賞者インタビュー動画」

Facebook個人ページ