幹部育成&発掘コース

  • 幹部育成&発掘コースとは

幹部育成&発掘コース

当コースは、「幹部」及び「管理職」もしくは「管理職になる可能性がある人物」・「管理職に育てたい人物」の発掘・開発を目的とします。

ある一人の人間の「現時点」は、その人間の思考とそれに従った今までの行動の集大成と言われます。

そして実に駄目になる人間は駄目になるような思考プログラムが潜んでいます。だから駄目になるように考えて行動し、見事に駄目になるのです。 また、もっと成長したい!と望む者も思考の深さが足りない、行動が伴わない、考え方が分からない、具体的行動が分からない、順序が分からない等の問題を抱えて日々悩んでいます。

こういうスタッフに対し、それではどのような考えと行動をしたら「駄目にならないのか?」「伸びていけるのか?」 「幹部・管理職としての考え方と行動」、もしくは「伸びる人間の考え方と行動」をテーマに具体的な思考・行動をあげながら、実践的な指導をします。

過去の当コース利用例を見ると、以下を目的とするサロンが数多く見られました。

  1. 伸び悩み・伸び止まりの幹部・管理職に変革のきっかけを与える
  2. 現状起きている様々な問題に対し、自己解決の場を与える
  3. 管理職ルーキーに「管理職としての思考」というベースを与える
  4. 利己主義で経営者に反目するか、反体制の姿勢を見せる管理職や古株スタッフに思考変革の機会を与える
  5. 組織を作りたい、もしくは新組織・新体制に組み換えをしたい
  6. 若手スタッフと意思の疎通が出来なくなった幹部・管理職スタッフの意識改革
  7. 将来、幹部・管理職として育てて行きたいスタッフへのチャンス

幹部育成&発掘コース

なお、管理職ではないが有能なスタッフを早くから管理職教育していくことで、著しい成長を見せることがあります。これらはあくまでも経営判断ですが、一番「伸びしろ」があるときに質の高い教育を施すのは後々の経営に大きなプラスをもたらすでしょう。

店長や幹部などと言われているけれど、実態は単なるサロンの最年長だった。などという、実質機能を持たない肩書きだけの管理職がたくさんいます。経営においてもっとも高額な経費である管理職の人件費は、肩書きのために使っているわけではありません。

個々の能力を余すことなく使い切る、そんな人事面での費用対効果をあげるためのきっかけとしても、当コースをご利用ください。長年ついてきてくれたスタッフの輝かしい姿を再び見ることは、経営者として最大の喜びとなることでしょう。

テーマ

  1. 「管理職があるときから伸びなくなるのは何故か?」
    出来ることばかりを行い、出来ないことへのチャレンジを怠った代償として、「楽」という毒を手に入れてしまった・・・・
  2. 「管理職の仕事って?」
    部下を動かすことだと勘違いしてしまい、部下の動かし方で悩み続け、事実上最も働かないスタッフになった・・・・
  3. 「数字を意識するあまり、楽しくなくなった」
    数字が楽しくないって感じるのは、達成しないからであり、それ以上でもそれ以下でもない。達成している者は更なる可能性を信じチャレンジしてみたい。
  4. 「自分の立場が良く分からない」
    組織で育ってないものは組織を作れない、または組織下で機能しない。従って無知なのだから、積極的に調べたり聞いたりするべきだった。
    自己流で成功できるのは天才だけ。
  5. やらなきゃなって「分かってるんだよねぇ〜」
    分からないから出来ないは許される。分かっていたのにやらなかったのは怠慢であり処罰の対象。厳しさや真剣さの欠如に気づいていない。
  6. 「もっと部下に頑張ってもらいたい」
    部下では無く管理職にもっと頑張ってもらいたい・・・先に頑張るのはいつでも管理職。
    頑張らせる人ばかりで頑張る人が少ない組織は「ねずみ講」と一緒である。
  7. 「経営者の言動・命令指示に対し素直になれない」
    それが人生でもっとも不幸な行為の一つであることに気がついていない。
    自分が出す言動・命令指示に対しても、だれも素直になれないのに気がついてない。
  8. 「自分には管理職の能力は無い」
    無いならば努力して能力を身につければいい。努力の放棄を能力のせいにしている。
    理由にならない理由を、理由にして出来ないという屁理屈をこねてはいけない
    出来ないことに対し、ひたむきに努力する姿勢こそ管理職のもっとも優れた能力。
  9. 「年だから・・・・」
    お客様や両親の前で言える一言なのだろうか? もっともレベルの低い言い訳では?
    そもそも年だからという言葉に意味があるのだろうか?
    むしろ年だから何でも出来るようになるのではないか?
  10. 「お金じゃないよね」「別に金はいらないから・・・・」
    この言動はすでに数億円稼いだ者や、サクセスした者にしか言えない。
    お客様の喜びの結集が売り上げであり、給料となることを知ったほうが良い。
  11. 「部下の管理方法が分からない」
    簡単な指導ができれば管理は誰にでも出来る。部下は無能ではないと信じよう。
  12. 「部下がついてきてくれない」
    「上司がついてくるなと言っている」と、部下が思うような行動が多いからだと分かっていない。

何かを始める場合、事前に学習し訓練してから行うことが望ましいのですが、管理職の研修をサロン内で行うことはまずありません。

もっとも大切でもっとも難しい仕事を、もっとも学習せずにチャレンジさせられる訳ですからある意味で大変酷な立場と言えます。従って、無知であるがゆえに出来なかったことは絶対に駄目ではありません。

美容師はもともと何も出来なかったところから技術を積み上げることによって立派なスタイリストになっていきます。そういう意味で言えば、スタイリストになる課程に戻って、今度は管理職という技術を学び始めるのです。

面倒くさがらず、自分の成長を楽しみながら勉強していっていただきたいと存じます。

「幹部とは、もっとも伸び続ける社員」

これは、人を伸ばすことのみに意識を傾け、自分が伸びることを忘れる昨今の美容師全般に言えることでしょう。他人を伸ばすためには、まず自分が伸び続けることが最低限の条件なのです。

人は伸びている人から教えを請いたいものです。いつまでも追いつけない先輩・上司への憧れが真のリーダーシップを作るのです。

幹部育成&発掘コース 受講料

一般コース

後継者育成コース(全4回)  各回 1名10,000円

オーダーメイド講習

店舗様のニーズに合わせた内容  1回:140,000円(旅費交通費込み・税込み)

お申し込みはこちら

美容室「店販」の教科書(同文館出版)

美容室「幹部」の教科書(同文館出版)

美容界特化型研修のブルーウォール

美容液のお風呂

DAFNI

店販ベストDVD第一弾

気がつけば、みんな味方!

セミナーレポート

ビューティー
フェスタの活用術

「店販甲子園上位入賞者インタビュー動画」

Facebook個人ページ