書籍名美容室「幹部」の教科書  著:佐藤康弘
出版社同文館出版
価格1600円+税
AmazonリンクAmazonへ
目次

1章 美容室「幹部」の9大職務

1. 最短で「売れっ子スタイリスト」に育てる

2. 美容のプロに育てる/美容師に誇りを持たせる

3. 新規がたくさん来店するサロンにする

4. 一度来たお客様が、また来るサロンにする

5. 「チーム力」を高め、店舗目標を達成させる

6. 所属する「会社」や「社長」が大好きなスタッフをつくる

7. 入社希望者が絶えないサロンにする

8. スタッフが退職しないサロンにする

9. 社員に規律とルールを守らせる

10. 美容室の「マネジメント」に必要な2つの能力を習得する

 

2章 スタッフの成長スピードが倍増する教育プラン

1.美容師として成功するために必要な4つのベーススキルとは? 

2.営業力

3.コミュニケーション力

4.公人力

5.「学生」と「社会人」の違いを教える

6.スタッフのステージによって育て方は変わる

7.会話が成立しないスタッフは必ず売れない美容師になる

8.得意なことを見出し、講師をしてもらう

9.何はよい、何は悪い 評価基準を明確にしよう

10.「どこまでは許すか?」事前に決めて指示を出そう!

 

3章 売上のベースと数字のつくり方

1.売上アップに強くなろう! 美容室売上の公式

2.もっとも嬉しい「自然集客」を増やすには? 

3.他店との「差別化」「独自化」を明確にしよう

4.「お買い上げ点数を増やす」という概念を持つ

5.店販の多角的販売をはじめよう

6.スタイリストの個人売上は「技術力アップ」でしか得られない

7.美意識の高いお客様を育て、集めることが鍵

 

4章 チームをまとめ、目標を共有し、達成させる上司力

1.チーム力強化の鍵は幹部の「ヒューマンスキル」

2.言葉を使わない指導で「やる気」と「やらざるを得ない環境」をつくる

3.なぜ部下に振り回されてしまうのか? 

4.「リーダーシップ」と「ヘッドシップ」を誤解していないか? 

5.最高の自分をスタッフに見せよう! 

6.達成する目標の決め方

7.目標を達成に導く3つの根拠づくり

8.「伸びる会社の会議」、「伸びない会社の会議」その違いを知ろう! 

9.ルール破りを絶対に認めない

 

5章 有望スタッフの退職を減らす! 辞めない仕組みづくり

1.「サロン」を辞める? 「美容師」を辞める? 

2.技術力で伸び悩むスタッフは退職率が高くなる

3.「人間関係」が引き金を引く

4.新卒者の早期退職を減らす

5.スタッフの「ほめ方」「認め方」を変えよう! 

6.「やる気のあるスタッフ」が辞める理由

7.新入社員が深刻な顔をして辞めたいと言ってきた時に注意すること

8.インフォーマル組織(裏組織)が強い会社は退職が絶えない

9.長く働いてもらうために考えなければならないこと

 

6章 「部下がついてきてくれない!」「社長が認めてくれない!」と悩む前に振り返ろう

1.個人売上(数字)が低くないか? 

2.「とにかく誰からも嫌われたくない病」にかかっていないか? 

3.コミュニケーション下手に気づいているか? 

4.スタッフに仕事を任せているか?

5.幹部が単なる古株になっていないか?

 

7章 「幹部」が伸びた分だけ会社はよくなる

1.格上の人と積極的につき合おう! 

2.「人生の先輩」の役割もこなそう

3.「切り取り思考」を身につけよう

4.マイナスの出来事を未来に活かす思考習慣

5.幹部になることを目標にしてもらうために注意すること

6.社長を勇気づけるのも幹部の大切な仕事

7.自分の成功は、部下が成功した時

8.幹部の一番の仕事は「美容師になって本当によかった」と言ってもらうこと

ひとこと

<<のべ4000店の問題を解決した、美容室の「マネジメント」に必要不可欠なスキル>>

「スキルピラミッド」
――マネジメント力/戦略構想力・未来構想力/組織売上開発・ヒューマンスキル・組織開発/技術力・営業力・コミュニケーション力・公人力
に基づいて、幹部の役割・仕事を紹介


私が美容業界にお世話になってから、約24年が経ちます(2017年7月時点)。
その間、のべ4000店を超えるサロンのミーティングや面談に入らせていただきました。その中で最も時間を使ったのは、「幹部」の皆さんが抱えている問題の解決です。

幹部の皆さんは、「経営者との関係性による悩み」「部下との関係性による悩み」「サロン内の人間関係の悩み」「部下育成の悩み」「売上の悩み」「組織運営の悩み」「将来への悩み」「家庭の悩み」「金銭的な悩み」「仕事とプライベート(家庭)両立の悩み」など、あらゆる悩みと問題を抱えています。
そして個人面談では、幹部の皆さんが抱える悩みや問題をたくさん知ることになり、解決方法を一緒に考え、お手伝いする機会が増えていきました。

一見複雑な問題が生じたとしても、それは似たようなところに収束していくと考えられます。業界が抱えている問題もほとんどが同じ問題です。
新入社員の「離職問題」や若手スタッフの「コミュニケーションスキルの低さ」、「意欲の低さ」や「心の弱さ」なども業界全体に共通した課題です。問題の本質は同じなのですが、個性や性質によって違うように見えているだけなのです。

もし、それらを事前に把握し、対策をもって臨むことができるなら、どうでしょうか?

その問題はなぜ起きるのか?
どうすれば解決できるのか?
今後その問題が起きないようにするにはどうしたらいいのか?
起きたとしても最小限の被害に留めるにはどうしたらいいのか?
幹部として普段からどのような思考と行動を取ればいいのか?

これらが事前にテキスト化されていたとしたら、どうでしょうか?
きっと、「同じような悩みを抱えている人が多いんだな~」と感じることができると思います。

そして、成功している美容室、伸びている美容室は、このような問題の根源を特定し、同じ問題が起こらなくなるように対策し、仮に同じ問題が起こっても好ましい初動の一手を打ち、問題が大きくなる前に解決に導き、報連相が機能しやすい環境を自らつくり出し、そのうえ売上をアップさせ、利益を生み出し、発展を続けています。

幹部の仕事はたしかに大変だし、辛い時もあるし、たくさんの気遣いをしなければならないけれど、それでも「人のためになること」、「人の喜ぶこと」を一所懸命やる。というその生き方は、結果として「人」を磨き、魅力的にしてくれます。
その魅力がさらにたくさんの人を魅了し、仲間やお客様が増えていくのだと思います。

本書は、私の前著である『美容室「店販」の教科書』同様、美容師さんとともに無数の課題にぶつかり、それらを解決してきた経験を踏まえ、「問題解決の教科書」として書かせていただきました。
美容室の運営上、起こりうるさまざまな問題や課題に遭遇した時、一度この本を開き、関係するページをぜひとも読んでみてください。

そして、かつて同じような問題にぶつかり、頭を悩ませ、やがて乗り越えていった多くの美容師さんの思考と行動戦術を、どうかお役立てください。

※本書では「役員」「拠点長」「店長」を代表とした、「幹部会議」に出席する方々を「幹部」と設定しています。

おすすめの記事